よくいただく質問集

ホーム>港湾局のご案内>よくいただく質問集>臨港地区

臨港地区

    Q1.臨港地区とは何か。

    A1.

    臨港地区は、港湾の管理運営を円滑に行うために必要な地区であり、そのために取扱う貨物に応じて目的別に商港区等の分区を指定し、各分区における構造物
    ※1を規制しています(東京都臨港地区の分区における構造物に関する条例)。
    ※1 構造物の規制としては、「港湾隣接地域」も規制があります。

    Q2.どの地区が臨港地区になっているのか知りたい。

    A2.

    東京都港湾局ホームページで閲覧できます。
    URL http://www.kouwan.metro.tokyo.jp/business/user/download/e04.html

    Q3.臨港地区の分区とは何か。

    A3.

    東京港の臨港地区は、港湾計画による物流サービス等のための土地利用計画を確保し、その地区に適した事業所の立地や事業活動の実現を目的として、都知事が国土交通大臣の同意を得て指定しています。
    その臨港地区を、取扱う貨物等の種類に応じて目的別に7つに分区しており、それが分区です。また、各分区の目的に応じて構造物を規制しています。
    ※7つの分区
    ・商港区 ・特殊物資港区 ・工業港区 ・漁港区 ・保安港区 ・マリーナ港区 ・修景更生港区
    お問合せ先:港湾局港湾経営部経営課指導担当:電話03-5320-5551

よくいただく質問集一覧へ戻る